++ menu ++

車査定額がアップしやすい時期

新車の購入といった場合にはそれまで乗っていた自動車は不要となってしまいますがこれ以上使用に耐えなければ廃車、そうでなければ業者へと売却もしくはディーラーへ下取りに出すのが一般的であると思います。もし廃車以外の場合ですとまずは売却金額を決定するための査定を受けなければなりませんが各業者やディーラー、そして査定を受ける自動車の様々な要因によって査定額が決定されることになります。この要因には自動車に付いているキズや汚れ、車種、年式、装備、走行距離、車検の有無などがありこうした要因によって査定額が上下することになりますが他にも時期によって査定額が上下することがあるのはご存知でしょうか。一般的に自動車を購入する方が多いのは決算の時期などがあるのですがこの時期はノルマに追われる時期でもあります。つまり自動車において売買が激しくなる時期となるために自動車の査定額もそれにちなんで上昇傾向になるためもし自動車の売却を考えているのであれば決算期、3月末や9月末の前後である2~3月または8~9月あたりを狙うことで査定額のアップが見込めるかもしれません。

車売るなら【車高額買取業者選び】


改造車は査定・売却時に影響するか

自動車を売却もしくは下取りに出すにあたりその金額を決定するために査定があるのをご存知であるかと思います。この査定に出す自動車を車好きが高じて改造している方も中にはいるのではないでしょうか。そして気になるのが改造した自動車は査定の際にどのような影響があるかということになります。結論から言えば改造車は一般的に査定にマイナスとなることが多く場合によっては売却すらできないことも考えられます。これはなぜなのかというと無改造である自動車と改造車、どちらが万人受けするのかということです。もちろん改造車を買いたいという人は少数となりますので業者が売るにあたり売れにくいというこになることが考えられます。しかしこれは改造の度合いにもよりますので改造した部分がエアロやマフラーなどのちょっとしたものだけであるのであればそれ程査定には影響しない場合もありカーナビといったオプションの社外パーツは査定にプラスになることが多いため査定の際は外さすそのまま出したほうがよいでしょう。中には改造車を専門とした買い取り業者もあるためにもし改造車を売却したいと考えるのあればこうした専門店に査定に出しましょう。


ローンがまだ残ってる車は買い取りしてもらえる?

消耗品のかたまりとも言える自動車は一生ものと言える道具ではありませんので時期がくれば買い替えなどにより不要となってしまい廃車や売却といった形が取られます。もし売却するにあたりその自動車にローンが残っていた場合はどうなるかご存知でしょうか。ケースにもよりますが売却できる場合と売却できない場合が存在するためもしローンの残っている自動車を売却する時には注意が必要となってきます。その注意すべき点とは所有権の名義です。実はローンを組んでいる相手によって名義が所有者でないことがありこれには信販会社やクレジットカード会社が該当しこうしたローンを組んでいる場合は所有者の名義が信販会社やディーラーになっていることがあります。この場合は所有者に対する所有権が保留になっておりローンの支払いが終わってその保留を解除するまでその自動車は売却できません。名義が所有者となっているのであればなんら手続きは必要なくそのまま売却することが可能となっていますのでもしローンが残っている自動車を売却する機会ができたのであればまずは一度名義を確認してみてください。